息子の歯磨きゴシゴシ、大変なお世話も「今だけ」

私が子育てで悩んだことは、生後6カ月から始めた食後の歯磨きです。

息子は歯の生え始めが早かった為、周りの子がガーゼで拭ってる程度の頃から、歯ブラシを使って歯磨きするように保健師さんから言われました。

口に入れられたものは噛みたがる息子は、歯ブラシをずっと噛んでいて全く磨けませんでした。

口開けようね、っと言っても分かる訳なく毎回無理やり口を開けて磨いていました。

なんとかならないかなと思っていたところで、良いものを発見しました。

食品のみで作られているジェル歯磨き粉です。これをつけて磨いたところ、大好きなイチゴ味だったこともあり、ご機嫌に磨かせてくれるようになりました。

また、1歳頃からはアンパンマンに興味を持ち始めたので、歯ブラシをアンパンマンの絵柄に変えました。

それまでは歯磨きを始める際に、私が歯ブラシを持ってくるだけで部屋中を逃げ回っていましたが、

「アンパンマンが待ってるよ、ゴシゴシしようね」と声をかけると自分から駆け寄って来てくれるようになりました。

歯磨きを嫌がらない子って聞いたことがないくらい大変なことだと思います。

毎日のことだからイライラしてしまう気持ちもよく分かります。でも、オムツ交換だって寝かしつけだって今だけです。大きくなれば自分でトイレに行くし勝手に寝てくれます。

歯磨き粉や歯ブラシを好きなものに変えたり、歌を歌いながら磨いたりと工夫するのも大変ですが、「今だけ」の大変さを「楽しい」に変えてお互い頑張りましょう。

子供のストレス解消法を認めてあげる

子供のストレス解消法を認めてあげることって親として大事なことですよ~。うちの娘は高校生ですがここ数ヶ月毎晩お風呂に入りながら音楽を聴いているんです。それが娘のストレス解消法です。

スマホを持ち込んでお風呂に入りながら好きな音楽を聴き、それに合わせてカラオケのように大きな声で歌っています。リビングにいても聞こえるくらい大きな声で歌っています。それが娘のストレス解消法だとわかっているから私は何も言いません。

何も注意しないどころか私は娘があまりにも長くお風呂に入っているのでドリンクをつくって持っていきます。大きなペットボトルにスポーツドリンクの粉末を入れ、水を加えてちょっと薄めのスポーツドリンクをつくって娘に飲ませています。娘はすご~く喜んでくれますよ。

毎晩2時間くらいお風呂場を娘に占領されますがそれでも私は注意しません。このくらいのことで娘が気分良くなるなら幸せを感じられるのならなんともありません。

土地に制限される住宅

中古物件や建売りだとすでに住宅があるので土地に制限されることはほとんどありません。ただし新築一戸建てを立てようとするときは何もない更地の土地に建てることになります。土地が狭いからといって隣地の境界線までぎりぎり立てられるかというとそうでない場合もあるので注意が必要です。

建築基準法によるものであったり各行政地区の条例によるところもあったりしていろいろと制限がある場合が多くあります。たとえば建ぺい率などが決められていると土地に対する建築面積などが制限を受け、その基準値以下にする必要もあります。また住宅はそれほど高層のものはないのですが境界線からの距離との関係で高さが制限されることもあります。

景観関連の条例などによっても道路からの距離と建物の距離が決められていたり、高さが決められていたりするので新築だからといってすべて自由に決められないこともあります。住宅建築はそういった土地からの制限の中で決めていくことになります。