良い建売物件の発見確率を上げる方法とは

一昔前までは夢のマイホームといわれた一戸建てですが、現在は注文住宅よりも建売物件が主流となり、頭金なしの35年フルローンなどの台頭によってより短なものになりました。ただし、短なものになったからこそ住宅購入時のトラブルも増えています。では、どうやって良い建売物件を見分ければ良いのでしょうか?

建売物件で失敗してしまう理由の一つは、外見だけで全てを判断してしまうということです。住宅を購入する多くの方は、建築知識などがない素人ですので正しい判断というものできません。そのため、自分で判断できる「綺麗かどうか」「広いかどうか」などの僅かなところだけを見て購入を決断してしまいます。

いい物件を発見する方法はいくつかありますが、最も有効な方法は工務店や建築に詳しい方と一緒に見に行ってもらうことです。建築に詳しい人がいれば工事の上手い下手は一発で分かります。壁紙の継ぎ目など、建築素人では気付けない細かい欠陥を見抜いてくれます。

一度家を購入してしまえば、その家とは長く付き合うことになります。建売住宅は購入前にその家を知ることが大切です。家族や親戚、知り合いに建築会社などで働いる方がいるのであればぜひお願いしましょう。