一戸建て住宅を購入するなら、中古より新築がいい理由

住宅を購入する際、中古物件にするか新築にするか悩むところですね。中古なら購入費用が安く済むのが魅力ですし、新築は最新の設備などが期待できます。しかし、特に一戸建て住宅の場合は中古よりも新築をおすすめしたいです。理由は2つあります。

まず第一に費用面ですが、確かに新築のほうが中古より値段が高い場合が多いでしょう。時には不便な場所の新築より便利な場所にある中古物件のほうが高いというケースもあるかと思いますが、一般的には新築は費用がかかると考えられます。しかし、中古物件では購入のタイミングによってはすぐにリフォームが必要になるかもしれません。水回りや外壁など、購入後何年もしないうちに今度はリフォーム費用がかかるということもあり得ます。初期費用を押さえられたとしても、すぐまた出費があるとしたら負担が大きいのではないでしょうか。もちろん新築でも住んでいくうちに修繕が必要になりますが、それまでの期間が長いのでまたその時までにゆっくり費用を貯めることができるのです。

二つ目の利点は、新しい家で新しい生活を始めることができるということです。住宅の購入は人生の一大イベントです。その大事なイベントを、誰も住んだことのない自分たちだけの家で始めることができるというのは、心理的なメリットが大きいと思います。また、何件か同時に新築住宅が建設されたエリアなら、周囲の住民の歴史も同じなので、より連帯感が生まれやすいでしょう。

子供の為に引越しをしました

子供が小学校に入学する直前に一戸建て住宅を購入しました。
子供にとっていい環境で過ごして欲しいと思ったからです。
就職や結婚、転勤などで引越しを何度か経験しました。
いろいろな地域の方と接し、地域によってこんなにも住む人の性格が違うんだと感じたのです。
人が温かくて住みやすいところもあれば、そうでないところもありました。
子供には良い人たちに囲まれて育ってほしいという希望があったので、
引っ越すことにしたのです。
今住んでいるところは、人も温かく環境がとても良いです。

引越し先を決める際、いくつかのポイントがありました。
・お受験にあまり熱心でないところ。
・中学校が荒れていないこと。
・身の丈あった生活をよしとする人たちが多いところ
・地域の活動が熱心なところ
以上を中心に見てきました。
以前住んでいたところはお受験が当たり前の教育に熱心な地域でした。
一見よさそうなのですが、水面下の競争心や見栄の張り合い、いじめがあり子供の為にはよくありません。
塾や習い事に任せきりにせず、教育に力を入れている学校があるところを探しました。
地域活動が盛んなところは、犯罪が少ないです。
不審者がいづらい町になっているからです。
地域の方々の目が光っているので、子供のことは安心でした。

子供の為に引っ越しましたが子供がのびのびと成長し、
そのおかげで私も大きな幸せを感じています。
住む環境は子供にとって本当に大切だと実感しています。