息子の歯磨きゴシゴシ、大変なお世話も「今だけ」

私が子育てで悩んだことは、生後6カ月から始めた食後の歯磨きです。

息子は歯の生え始めが早かった為、周りの子がガーゼで拭ってる程度の頃から、歯ブラシを使って歯磨きするように保健師さんから言われました。

口に入れられたものは噛みたがる息子は、歯ブラシをずっと噛んでいて全く磨けませんでした。

口開けようね、っと言っても分かる訳なく毎回無理やり口を開けて磨いていました。

なんとかならないかなと思っていたところで、良いものを発見しました。

食品のみで作られているジェル歯磨き粉です。これをつけて磨いたところ、大好きなイチゴ味だったこともあり、ご機嫌に磨かせてくれるようになりました。

また、1歳頃からはアンパンマンに興味を持ち始めたので、歯ブラシをアンパンマンの絵柄に変えました。

それまでは歯磨きを始める際に、私が歯ブラシを持ってくるだけで部屋中を逃げ回っていましたが、

「アンパンマンが待ってるよ、ゴシゴシしようね」と声をかけると自分から駆け寄って来てくれるようになりました。

歯磨きを嫌がらない子って聞いたことがないくらい大変なことだと思います。

毎日のことだからイライラしてしまう気持ちもよく分かります。でも、オムツ交換だって寝かしつけだって今だけです。大きくなれば自分でトイレに行くし勝手に寝てくれます。

歯磨き粉や歯ブラシを好きなものに変えたり、歌を歌いながら磨いたりと工夫するのも大変ですが、「今だけ」の大変さを「楽しい」に変えてお互い頑張りましょう。