敏感肌で心配性の、私に似ていない息子の肌対策

30代後半の兼業主婦です。幼稚園児の男の子が一人います。

 

私は生まれつき敏感肌で、植物や一定の繊維・化学薬品などにかぶれたりすることが小さい頃からよくありました。虫刺されなども人一番腫れ上がってしまい、アレルギー性の疾患もいくつか経験しています。

 

周囲の大人に訴えてもなかなか理解してもらえず、「かき壊してダメじゃない!」と理不尽に叱られ続けた記憶が苦々しく残っています。

 

このことを踏まえて、息子も生まれた時から肌に関してはできるだけ刺激の少ないものを…と注意してきました。ところが年数が経つにつれ、「…私の子どもなんだけどなあ」と思うくらい、相当に肌の強い体質である、ということがわかったのです。

 

これは、非常に肌の強い夫の家系によるもののようで、こんなところが似て夫に良かった!と心から思っています。一応人並みに、暑い季節には汗疹になり、また寒い時期には乾燥肌になるのですが、こういったトラブルも専用の市販薬やクリームを塗るだけで簡単に改善してしまいます。

 

虫刺されすら、ほとんど感じないようで、炎症を起こすこともありません。

 

まさにうらやましい限りの体質ですが、ここで油断して放っておくと、大きくなってから私に似て敏感肌を発症してしまうのでは…と、心配性の私は常々思いつつ、子どもの生活からできるだけ食品添加物や化繊などアレルゲン物質を遠ざけています。