土地に制限される住宅

中古物件や建売りだとすでに住宅があるので土地に制限されることはほとんどありません。ただし新築一戸建てを立てようとするときは何もない更地の土地に建てることになります。土地が狭いからといって隣地の境界線までぎりぎり立てられるかというとそうでない場合もあるので注意が必要です。

建築基準法によるものであったり各行政地区の条例によるところもあったりしていろいろと制限がある場合が多くあります。たとえば建ぺい率などが決められていると土地に対する建築面積などが制限を受け、その基準値以下にする必要もあります。また住宅はそれほど高層のものはないのですが境界線からの距離との関係で高さが制限されることもあります。

景観関連の条例などによっても道路からの距離と建物の距離が決められていたり、高さが決められていたりするので新築だからといってすべて自由に決められないこともあります。住宅建築はそういった土地からの制限の中で決めていくことになります。