建売新築戸建ての魅力と設備について

戸建を購入し、マイホームを持つ事は人生で多くの人が一番高い買い物だと思います。その中で新築戸建ての建売は施工がしっかりしていて充実した設備や環境が整っていると言えます。建売新築戸建ての場合、2階建てや3階建てというのは、その土地によって大きく変わってきます。建ぺい率や容積率によって建てられるか、建てられないかが変わってきます。一般的には建売新築の場合は、3階建までです。戸建てならではの、1階には床下収納や2階のリビングには床暖房、浄水器や食洗器など生活環境はとても良い設備がついています。施工会社によってついていない事もあるので、設備も購入を考えている時には、注目するポイントと言えます。建売住宅の場合は、1階は窓にシャッターがついている事が多いです。窓は大きく天井は高く、新築戸建てによっては、吹き抜けや大きなバルコニーがついている等、見ているだけで楽しくなります。マンションとの違いとして、他に住んでいる人がいないので、マイホームという気持ちには強くなれると思います。